スポンサーリンク

WF-1000XM4で耳が痛い人におすすめのイヤーピース
SpinFit(スピンフィット)CP360

アイキャッチTWS

SONYの完全ワイヤレスイヤホン、WF-1000XM4が発売されてしばらく経ちました。
それに伴い、一般ユーザーの感想もSNSや掲示板でたくさん見かけるようになりました。
その感想の中で一番多いのが、純正のイヤーピース(ポリウレタン製)についてだと思います。

・純正のイヤーピースは耳が痛くなる
・純正のイヤーピースは圧迫感が強い
・純正のイヤーピースは劣化が早い
・純正のイヤーピースはアルコール消毒や水洗いをするとすぐボロボロになる
・純正のイヤーピースは人類の敵

こんな悪評を口にする方も少なくはありません。
かくいう私も光の速さでイヤーピースを他社のものと交換しました。
純正のイヤーピースは遮音性がとても優れているのですが、その反面、圧迫感が強くて長時間の装着は耳が痛くなるんですよね(個人的な感想)。

画像1

上の画像が純正のイヤーピース(Mサイズ)。
スポンジ状の低反発タイプになっており、これがどうも人を選ぶようです。

それで今回は、評判の良いSpinFitのイヤーピース、CP360を紹介したいと思います。
純正とは違ってシリコン製ですので、アルコール消毒をしても劣化の心配がありません。

純正のイヤーピースは合わない。
イヤーピースを清潔に保ちたい。
ヤーピースを長く使いたい。

そのような方は、是非、本記事を参考にしてみてください。
ちなみになぜ私がCP360を選んだかというと、Twitterや某掲示板で評判が良かったからです。
メーカーから提供を受けたステマのウンコレビューとは違い、WF-1000XM4使用者の声が一番参考になりますからね。
なのでみなさんもご安心を。
ではブリっと紹介させて頂きます。

SpinFit スピンフィット CP360

画像2

現在、私が使用しているのがこれ。
イヤホンに着けている、薄青色の軸がSサイズ。
その隣の緑色の軸がMサイズです。

画像3

各サイズによって高さは変わってきますが、比較的高さの低いイヤーピースです。
あまり高さがあると耳からイヤホンが出っ張り、フランケンシュタインのような姿になってしまいますからね。

画像4

まさにこんな感じです。
こんな姿でそこらを歩こうものなら職務質問どころか即射殺です。
それにケースとの干渉もあるので、イヤーピースの寸法には注意しましょう。
その点、CP360はイヤホン装着時の出っ張りが少なく、WF-1000XM4のケースとの干渉もありません。
一応、その他のサイズの寸法も載せておきます。

画像5
画像6
画像7

CP360は画像のように二つのサイズが格1ペアで販売されています。
SS、XL、その二つ以外は他のサイズと被りますので購入の際は注意してください。

サイズ: S/SS
サイズ: M/S
サイズ: L/M
サイズ: XL/L

(※2021年11月にCP360がリニューアルされました。軸が少し淡い色に変わり、パッケージも新しくなったようです)

装着感は素晴らしいのひと言。
純正のようにグリグリ捻じ込む必要がないので圧迫感が限りなく軽減されており、 長時間装着しても耳が痛くなることがありません。
その代わり、純正よりも遮音性がやや劣りますが、アクティブノイズキャンセリングの効果はしっかりと感じられます。

音質に関してですが、純正よりもクリアな響きに聴こえるような気がします。
純正はスポンジ状のポリウレタン製なので音がぼやけるのかもしれませんね。
まあ、CP360に交換したからといって、音質に劇的な変化があるわけではありませんが。
それはどのイヤーピースも同じでしょう。
所詮、音質の善し悪しは、イヤホン本体の性能で決まるのではないでしょうか。

ただ、しょぼい音源で音楽を聴いても、WF-1000XM4の性能をいかんなく発揮することはできません。
Amazon Music Unlimitedであれば、まるでコンサートホールにいるかのようなハイレゾ級の音楽を存分に楽しむことができます。
無料体験期間中に解約すればお金はいっさいかかりませんので、初めての方はこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。
今なら三ヶ月無料体験期間中ですのでマジお得です。
私も登録していますが、Amazon Music Unlimitedの音質はめっちゃ最高ですよ。

あと、CP360の材質は、医療安全性規格ISO10993を取得したシリコンで、アレルギーが出にくいとのこと。
肌が弱い人でも安心して使うことができると思います。

まとめ

人それぞれ耳の形が違うこともあり、自分に合うイヤーピースを探すのはなかなか難しいです。
しかも実際に購入してみないとそれが判断できないので、イヤーピースにどれだけ散財するかわかりません。
最悪、イヤホン本体が買えるぐらい金をドブに捨てることになります。
ですが、SpinFitのCP360は数多のWF-1000XM4使用者が太鼓判を押す優れたイヤーピース。
むろん、人によっては合う合わないがあるとは思いますが、私を含めたCP360の購入者の声を聞く限り、第1候補になり得るイヤーピースと言って間違いがないでしょう。
実際、私も早くにCP360に出会えて本当に良かったと思っています。
これを買う前、家電量販店で適当にイヤーピースを購入したのですが、それがまったく自分に合いませんでしたからね。
当たり前ですが、私のようなおっさんの加齢臭が一度でも染みついたイヤーピースは返品もできません。
ましてや、誰ともわからぬ耳の穴に突っ込んだ小汚いイヤーピースの中古など、メルカリで売れるわけがありません。
なので私は泣く泣くその使い物にならないイヤーピースを二階の窓からぶん投げました。

しかし、幸いにも散財はその一回きり。
CP360に出会えたことで、損失を最小限に抑えることができました。
そして今まさに、この記事を書いている最中、私はCP360を装着したWF-1000XM4を耳にはめ、最高の音質でアニソンを聴いています。
かれこれ3時間はぶっ通しで聴いていますが、装着感は快適そのもの。
もし純正のイヤーピースが耳に合わず、他社のイヤーピースを探しているのであれば、断然、私はCP360をおすすめします。

純正で耳が痛いそこのあなた、マジでCP360の着け心地は最高ですよ!
以上、SpinFitのCP360の紹介でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました