スポンサーリンク

YouTubeの低評価を表示させる方法(Windows)

アイキャッチその他

以前までは見ることのできたYouTubeの低評価。
それが最近、ボタンは押せても低評価の数は非表示になってしまいました。
動画をアップしたクリエイター側は低評価の数を見ることができるのですが、視聴者側には表示されない仕様となっています。

画像1
PCブラウザ画面

こんな感じ。
目的はクリエイターを嫌がらせから守るということらしいです。
まあ、その気持ちはわからなくはないのですが、視聴者としては低評価の数も参考にしたいところ。
なので本記事では、非表示になった低評価数を常時表示させる方法を紹介したいと思います。

Windowsでの方法

大抵の方はchromeのブラウザを使っていると思いますが、chromeの拡張機能が使えるchromeベースのブラウザならどれでもOKです。(EdgeやBraveなど)

① chromeウェブストアから、Return YouTube Dislike、という拡張機能をchromeに追加。

これだけです。

画像2

ご覧のとおり、これだけでYouTubeの低評価数が常に表示されます。
ちなみに、この拡張機能は無料で追加することができますのでご安心を。

ひとつ注意点があるのですが、Edgeとかの場合でも、上記chromeウェブストアのリンクから拡張機能を追加してください。
Edgeは、Edge専用の拡張機能を追加するページがあるのですが、そちらからReturn YouTube Dislikeを追加しても、なぜか低評価数が表示されません。
おそらくバグっているのでしょう。
なのでchromeウェブストアからReturn YouTube Dislikeを追加してください。
Edgeはchromeベースのブラウザなので、chromeウェブストアから拡張機能を追加することができます。

とはいえ、スマホの本家アプリでは対策方法がないのが残念でけど。
Windowsをお使いの方であれば、この拡張機能を追加することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました