スポンサーリンク

【Windows11】タスクバーの日付に曜日を表示させる方法

アイキャッチその他

Windows11にアップグレードしてからというもの、ところどころで使い勝手が悪い場面が見られます。
その一つが、タスクバーの日付における曜日。
本来、デフォルトの状態では日付に曜日は表示されていません。
しかし、Windows10の場合は、日付にマウスカーソルを当てるだけで、曜日がポップアップで表示されました。

画像1
Windows10の日付

こんな感じですね。
私はこの機能を使い、いつも曜日をチェックしていたのですが、Windows11ではそれが使えなくなってしまったのです。

画像2
Windows11の日付

このようにマウスカーソルを当てると、ポップアップされた日付には曜日が省かれています。
これ、地味に不便です。
むろん、日付をクリックすれば、下の画像のようにカレンダーが表示されます。

画像3

このカレンダーなら曜日の確認ができるとはいえ、そのひと手間が地味に不便です。

「曜日なんて忘れるわけがないだろ!」

と思われる方もおられるでしょうが、私のような記憶力の衰えたベテランのおっさんは、ちょくちょく曜日を忘れてしまいます。
なのでWindows11のタスクバーの日付は私にとって改悪でしかありません。
いっそのこと、Windows10に戻そうとも考えましたが、それはそれでかなり面倒です。
なので私はタスクバーの日付にカスタムを施し、強制的に曜日を表示させることにしました。
その結果がこちらです。

画像4

どうですかみなさん。
カスタムすることで曜日が常に表示されるのです。
これなら記憶力の衰えたおっさんの私でも曜日を忘れることは絶対にありません。
あ、今日は月曜日か、ジャンプ買いに行かなくっちゃ!
と、少年のような心でスタコラサッサとコンビニにジャンプを買いに行くことができるのです。

そんなこんなで、本記事ではタスクバーの日付に曜日を表示するカスタム方法を紹介したいと思います。
これ、けっこう便利ですので、Windows11をお使いの方は是非、試してみてください。
Windows10でも基本的な設定方法は同じですが、それは最後に簡単に説明します。

ステップ①
画像5

タスクバー右端の日付を右クリックすると、上のような選択画面がポップアップします。
その上、【日時を調整する】をクリック。
※カスタム後にスクショを撮ってしまっため曜日が表示されていますが、そこは気にしないでください。

ステップ②
画像6

すると上の画像のよう大きなウィンドウが現れるので、その一番下、【その他の時計】というところをクリックし、ダイアログボックスを表示させて【日付と時刻】のタブを選択。

ステップ③
画像7

日付と時刻の画面で【日付と時刻の変更】をクリック。

ステップ④
画像8

上のようなダイアログボックスが出てくるので、【カレンダーの設定の変更】をクリック。

ステップ⑤
画像9

次々とダイアログボックスが出てくるので、【追加の設定】をクリック。

ステップ⑥
画像10

【日付】のタブを選択し、

画像11

赤丸で囲った部分、yyyy/MM/ddという文字列の末尾にカーソルを合わせます。

ステップ⑦
画像12

半角スペースを入れてから半角でdddと追加入力し、【OK】をクリック。

画像13

この時点で、前述の画像のように曜日を表示させることができます。
あとはダイアログボックスを次々と閉じてOKです。
ちなみに、ddddと四つ入力すると、

画像14

このように、簡略されていない曜日を表示させることができます。
ここらへんはお好みで決めてください。

Windows10の場合は、

設定時刻と言語別のタイムゾーンの時計を追加する】(右端の上から二番目)

以降は、Windows11と手順は同じです。

まとめ

以上、タスクバーの日付に曜日を表示させるちょっとした小ネタでした!

コメント

  1. Ani より:

    私も同様10→11勢で同じ状態に不便を感じていました。
    この記事がとても参考になりました、有難う御座います。

    因みに、短い形式はデフォルトのまま、長い形式のみにddddを追加すると
    Windows10の様にマウスオーバーで曜日表示になりました。
    これだとタスクトレイ、エクスプローラやメーラーには曜日表示無しになるので
    こちらに落ち着きました。

    この記事を記載される程なので既に御存知かとは存じますが、念の為。
    失礼致します。

    有り難う御座いました。

タイトルとURLをコピーしました